素材 アルミパーテーション(パーティション)

アルミパーテーション(パーティション)とは

ハイパーテーション、間仕切りの分類の一種です。
パネル本体の材質は鉄(アルミ)とハニカムペーパー(又は準不燃材)です。柱やビーム(柱と柱の間の支え)はアルミでできています。また、ガラス・アクリルのパネルもあります。

アルミパーテーション(パーティション) エントランス事例写真 アルミパーテーション(パーティション) 通路事例写真 アルミパーテーション(パーティション) 会議室事例写真 アルミパーテーション(パーティション) ミーティングルール事例写真

特徴

特徴としては、スチールパーテーションと比べて軽量であること、物によりますがローパーテーションと比べても軽量です。
準不燃で、簡易的な部屋作成、エリア分けに向いています。現在の形のパーテーションの元祖と言えるもので、もちろん様々な発展を遂げています。


優れている点

スチールパーテーションと比べて安価であり、施工性が良く非常に軽量です。レイアウト変更などの容易さはスチールパーテーション以上・ローパーテーション以下といった感じです。
最近ではカラフルなパネルも増え、意匠性・デザイン性が高いものも販売されています。
また、スチールパーテーションに比べて空間を断絶させる印象が少ない為に圧迫感が少ない印象があります。


劣っている点

スチールパーテーションに比べて部屋・エリアの密閉性は低く、軽量ゆえに遮音性・断熱性はスチールパーテーションに劣ります。柱がむき出しなので、スチールやLGSに比べると、後付仕切り感が否めず、高級感やオフィスとしての一体感という点では一歩劣ります。
また準不燃と呼ばれるように、スチールパーテーションのような不燃基準をクリアしているわけではないので、テナントビルによっては防災上の基準に照らし合わせて建てることがNGの場合もあります。


「パーテーションバスターズ」でももちろん取り扱っております。

アルミパーテーションのメリットとして軽いという事と施工手間が比較的かからないという事が上げられます。お値段につきましてもスチールパーテーションよりかは安くご用意する事がかのうです。
遮音性と密閉性はスチールパーテーションと比べると劣っておりますが、ハイパーテーション型(天井まで)ですので、部屋という空間を作り出すことが可能です。デメリットとしましては、固定設置型ですのでローパーテーションのように簡単に移動させることができません。

アルミパーテーションにもスチールパーテーションとほぼ同様の種類が存在します。

アルミパーテーション(パーティション)事例集

アルミパーテーション事例01 役員室

間仕切り事例

アルミパーテーションで作られた役員室を紹介します。

パーテーション(パーティション)・間仕切りや工事の事なら、お気軽にご相談ください!

かんたん見積り


(C) Officebusters Co., Ltd. All Rights Reserved.