壁とパーテーションの違い

壁とパーテーションの違い イメージ写真

壁とパーテーションの違いは、移設可能か否かです。壁とパーテーションの違いを説明するうえでは、「壁」というと建物自体の外壁・内壁を指し、柱や梁、構造上移動が不能なものである「躯体壁」、コンクリートの壁です。

また、コンクリートでなくとも、建物が出来上がった段階で存在するものは壁と考えて構いません。一概には言えませんがオフィスビルの場合は窓周りの外壁の裏にあたる壁面、エレベーター周りなどがそうです。もはや建物自体であると言っていいでしょう。

それとは別に、上記で述べた、会社の都合で後から建てる壁をパーテーションと呼びます。工事は必要ですが、レイアウト変更その他の際に取り外して移設が可能なものはパーテーションです。後付けとはいえLGSなどは移設が不可能なのでパーテーションというよりは壁に近いと言えます。

パーテーション(パーティション)・間仕切りの事なら、お気軽にご相談ください!

かんたん見積り


(C) Officebusters Co., Ltd. All Rights Reserved.